就職活動マニュアル > ステップ1 活動準備

2009年03月07日

就職サイト登録


就職活動を始める為には、いくつかのサイトに登録しなければなりません。

これをせずに、就職活動は出来ませんが、サイトが沢山あるので、これだけ登録すれば大丈夫というものを紹介します。


リクナビ…日本最大の就職情報サイト。就職活動をする人は誰もが登録するサイトです。


日経ナビ…業種別などの各種ランキングがあるので、企業研究には欠かせないサイトです。


毎日就職ナビ2010…日本最大級の就職イベント案内が来るので、必ず登録しましょう。


みんなの就職活動日記…企業毎に掲示板があり、意見交換が出来ます。さらに各企業への志望動機や内定者日記などもあるので、有益な情報を得ることが出来るので、必ず登録しましょう。説明会〜選考までの様子など、他では得られない貴重な意見が沢山あります。


ジョブウェブ…インターンシップ情報、企業採用情報、学生主催のイベント情報など盛りだくさん。1ランク上の就職活動をしている人は皆使うサイトです。


2009年03月02日

ブラック企業に注意


ブラック企業とは労働条件が悪く過酷な企業を指します。明確な基準はありませんが次のようなことが挙げられます。

2006年07月25日

ニュースの活用


日頃から新聞などでニュースを日頃からチェックしましょう。

2006年07月01日

初任給は参考までに


企業を調べていくと必ずと言っていいほど調べる項目が初任給。大卒の初任給は大きく分けて、3つあり特徴は以下のようになっています。

2006年06月19日

採用人数と離職率


採用人数が多いということは企業規模が大きいということもありますが、離職率が高いということもあります。

2006年06月03日

四季報の活用


会社四季報四季報はインターネットでは分からない、企業の詳しい情報が書かれています。「男女・文理別採用実績」や「男女・総合一般別採用実績」など情報等様々です。
私の場合は大学に置いてあったのでそれを利用していましたが、もしもなかったり入念に企業研究をしたい方は、自分にあったものを1つ用意すると良いかと思います。

最新のものが望ましいですが、前年度のものでも十分参考になるので、まずはここから企業研究をすると良いと思います。いくつかの種類がありますが、中でも会社四季報は情報量が多くオススメです。
2006年04月18日

合同セミナーへの参加


サイト登録をすると合同セミナーの案内が来ます。

この合同セミナーとは多数の企業が一つの会場に集まり、会社概要等を説明してくれます。また講演会や相談等の催し物もあります。

自分がどの企業に行きたいか定まっていない場合は、是非とも参加しましょう。
また、職種を絞っている方も、確認のために一度は参加しましょう。
どちらの場合でも、この段階では視野を広げるためにも、多くの企業訪問が望まれます。私の場合、1回目は業界を決め、2回目は職種を絞ってまわりました。

服装自由とありますが、大半はスーツです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。