就職活動マニュアル > 就職活動Q&A > 就職状況について

2007年02月02日

就職状況について

「就職状況が良くなっていると言われているが実際はどのような感じだったか?」と質問を寄せられたのでそのことについて書いてみます。


就職率は業界によって異なった

2007年の団塊退職により世間一般では「採用人数を増やすため就職率が良くなる」と言われていますが、それはあくまでも一般的なもの。

私の受けた食品業界は景気に左右されない安定した業界であるため、採用人数は過去5年間であまり変化は見られませんでした。

それに倍率も1,000倍以上というところもあり、内定は取りやすかったとは言えないと思います。

世間一般に言われている就職状況よりも、自分の行きたい企業の採用人数推移を調べた方が良いと思います。

この記事へのコメント
やはり世間で言われているものと実際とではギャップがあるんですね。
自分のいきたい業界を調べたほうが良さそうですね。
回答ありがとうございました。
Posted by はや at 2007年02月02日 17:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。