2006年11月29日

研究室と就職先

「志望企業と直接結び付かない研究室でも、その企業を受けることが出来るのか?」と質問を寄せられたのでそのことについて書いてみます。


研究内容と異なる企業でも大丈夫(私の体験談)

私は環境系の研究室ですが、食品会社を受けていましたし、内定をいただくことも出来ました。
職種によっては詳しく「食品系のみ」とある場合もありましたが、大半は理系、工学部、化学科程度の分け方です。
従って、研究室が無機でも生物でも環境でも食品業界を受ける権利があるということです。
むしろ、研究内容が直接結び付く方が少ないと思います。



研究内容は間接的に結び付ける

直接的には結び付かなくとも、間接的に実験等で得た技術を活かしたり、そのことをアピールする必要はあります。
例えば「今までの研究から活かせることはありますか?」という質問をされた時に、「正確なデータを出す事が出来るので、精度の高い技術が活かせます。」とか「反応時の変化を見逃さない厳しいチェックが活かせます。」といったように間接的に結び付ける必要があります。



結論

研究内容と異なる企業でも良いです。

ただ、研究内容と異なる企業を志望する場合は「今までの経験がどう活かせるか?」、「何故研究内容と異なる企業を志望しているのか?」ということに自分なりの答えを持つ必要があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。