就職活動マニュアル > 就職活動Q&A > 話が苦手な人への面接対策

2006年11月07日

話が苦手な人への面接対策

「話すことが苦手なのでどのような面接対策をしたらよいか?」と質問を寄せられたのでそのことについて書いてみます。

私の体験

私は話すことは得意でしたが、初面接では緊張して全く出来ませんでした。
その次からはスラスラ出来るようになっていました。
得意不得意に関わらず、スラスラ話せるようになるためには慣れることが必要です。


普段からしてきたこと

先程は話すことが得意と述べましたが、以前は苦手でした。そこで弱点克服の為に以下のことを行いました。
・接客業でのバイト
→4年間も続けたお陰で不得意を得意に変えました。最初はうまくいかなくとも続けていけば必ず話せるようになります。

・自ら話し掛ける
→話し掛けられて答える受け身ではなく、自分から話し掛けるように心掛けました。

・相手の話をよく聞く
→よく聞くことで会話の流れを掴み、話を広げるようにしたりし、場の空気を読むようにしました。


面接前にしておくこと

・会社を良く調べる
→隅々まで調べると会社のことが良く分かり、自分の発言にも自信が持てるはずです。逆に調べていなければ、どんなに話しが得意でも通過は出来ません。

・内容を決めておく
→面接で聞かれることを想定して回答を用意しておきます。しかし、台本を作って暗記するという方法は、セリフを忘れたり棒読みになるのでオススメしません。
大まかな「これだけは伝えたい」という内容だけを覚えておき、それを踏まえながら会話をしていけばより自然な印象があり良いと思います。
予めキーワードを用意し、そのキーワードを使って1〜3分程でPR出来るように訓練すると効果的です。


結論

・最後は慣れること
→まずはこれらのことを普段から出来るようにしておきます。
面接は誰でも最初は緊張するもの。あとはいかに早く慣れるかです。
そのためには前向きに考えながら改善していくことです。面接で失敗して後悔しているだけでは前に進むことは出来ません。他の人達の良い点を参考にしたり、自分の弱点を具体的に見付けたりし、それらを改善させることを考えます。
このように常に問題解決をしていれば、より完璧なものとなりそれが自信になり、早く慣れることに繋がります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。