2006年07月01日

初任給は参考までに

企業を調べていくと必ずと言っていいほど調べる項目が初任給。大卒の初任給は大きく分けて、3つあり特徴は以下のようになっています。

初任給の分類

○20万円越えの場合
大手企業または離職率の高い企業である可能性があります。

○20万円の場合
多くの場合はこのタイプになります。

○20万円未満の場合
給料がただ単に安いこともありますが、社宅等の福利厚生が良いということもあります。


初任給より大切なこと


初任給はそれほど大差は無く、これらはあくまでも全てスタート時の給料です。ですから、初任給一つで企業選択はしないようにしましょう。

最も重要なことは給料の伸びです。可能であれば40歳代の平均年収を聞いてみる良いと思います。初任給が高いがあまり伸びないところもあれば、初任給が低いが伸びている企業等、企業毎に大きな差が出てきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。