2008年01月08日

自己PRと企業の評価

自己PRのエピソードは自由ですが、PRする内容は何でも良いというわけではありません。

社会人として必要で当たり前のことをPRしても意味がないということです。

ですから、自己PRは企業の求める内容に即したPRでなければなりません。
下記に項目をまとめてみましたが、企業は様々なので必ずしもそのような評価であるとは言い切れませんので参考程度にして下さい。

評価の高いもの

挑戦意欲、コミュニケーション能力、想像力、論理的思考、計画性、向上心、研究心、分析力、先見性、洞察力


○評価の低いもの


忍耐力、社交性、感性、礼儀、良い言葉遣い、常識、協調性、思いやり、素直さ、冷静さ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。