2006年07月12日

筆記試験対策

SPIのような業者のテストではなく、そこの会社独自のテストです。

試験の位置付けや難易度は会社によって様々。足切りに使うか参考程度にするのかも違います。
よくある傾向は一般常識、そこの業界に関する一般常識、英語、数学、国語。稀に理科、社会の問題があります。範囲は高校2年くらいまでの内容です。

大抵の場合、時間は十分にあるので普通の試験感覚で問いていけば良いです。

対策としては、今までに習ったことのある範囲ですので、高校時代の教科書やノートを使って復習すると良いです。
文系の方は数学を、理系の方は国語等が弱いと思うので、そこを重点的に行いましょう。
国語と英語は範囲という概念が難しいので割愛しますが、数学は、集合、確率、速度、連立方程式、不等式等が良く出るので、確実に解けるようにしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。