2006年07月10日

面接の心得

面接では「ここの会社でなければならない理由」と「自分のどういう点が会社で活かせるか」をアピールしなければなりません。

面接は互いの選考の場

面接は自分を売り込む場であると同時に、会社との相性をはかる場でもあるので合否は、優劣ではなく会社との相性の結果です。同じ様な内容を言って、通過する会社もあれば落ちる会社もあるということです。
ですから、自分にとってよい会社を選ぶためにも、偽りをせず正直に話しましょう。
落ちた場合は、ショックを受けるかと思いますが、入社後に相性が悪かったと分かるより、入社前に分かった方が良いと考え、最良のパートナーとなる会社探しを頑張りましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。